中禅寺湖で素泊まりに向いている旅館の見つけ方【ここをチェック】

こんばんわ、ケイコです。

私も日光、中禅寺湖に行く時はいつも食事なしのプランで行きます!
 

夕食・朝食を外して宿泊するのが「素泊まり」

ケイコからひとこと:中禅寺湖では泊まるだけの旅館もマル!

日本旅館に1泊した場合、夕食と朝食が付くのが一般的ですよね。
ホテルでは基本的には朝食のみですが、日本の観光ホテルの場合は、旅館と同じ「夕食朝食付き」のところがほとんど。
中禅寺湖でも、同じです。

つまり「素泊まり」とは、通常なら付くはずの夕食と朝食をあえてはずして宿泊すること!!
旅館やホテルではそういう利用の仕方を受けないところもあるけど、逆に繁華街に近い旅館などでは、このスタイルがスタンダードになっていることもあるんですよ~☆

「部屋は寝られるだけでいいよ」という人もいますが、実際に旅をすると夜はそれなりに疲れも出ますよね。

それにせっかく日光に行くのでしたら、中禅寺湖はもちろん、奥日光の秘境、日光東照宮、霧降高原などを楽しむのはもちろんのこと、旅館でも温泉を楽しみたい・・・。
シャワーだけじゃなくて、中禅寺温泉のお風呂にゆっくりと浸かってリラックスしたくなっちゃいますよね。

清潔で落ち着いた部屋でくつろげれば、その日の出来事を思い返したり、明日の計画を立てたり、ゆっくりとお酒を飲んだりするのも旅の楽しみです、そうですよね!!笑

せっかくの旅行ですから、部屋でも、ただ寝るだけではつまらないですよ~!
外食をメインでお考えの場合でも、温泉宿にすることは必須!!!

引用元:https://travel.goo.ne.jp/jp_hotel/97923.html?np=2&rn=1&sc=simple_stay#1
 

素泊まりに向いている旅館とは?ここをチェック!

ケイコからひとこと:中禅寺湖ではいろんな人が「部屋だけ予約」で楽んでいるみたい

引用元:http://www.nap-camp.com/tochigi/12573/pic/?Oc=4&Lc=4&#campsite_image
 

周辺のグルメ情報をチェック!

食事を旅館で取らないで旅行をする場合、外食が大きなポイントとなります!
中禅寺湖には名産や名店も多く、そうしたグルメを楽しめる場所がお車やバスでいける程度の近隣にあるので、ホテルで食べなくても不便に感じることはありません。
また、中禅寺湖にはバーベキューを楽しめる施設が数多くあるので、家族や気の合う仲間と一緒に利用するのもいい想い出になるはずですよ☆
 

宿近辺の温泉情報をチェック!

中禅寺湖を訪れるなら、温泉も重要なポイント。
もし気になる宿泊施設を見つけたら、その宿の施設案内をチェックしてみましょう。
各室に温泉を引いているところもあるし、露天風呂が楽しめる宿もたくさんあります^^

写真が掲載されていることが多いので、広さや雰囲気を確認しておくと良いでしょう。
また、近くに公共の浴場があるかどうかも併せてチェックしてみてくださいね。
 

口コミ記事をチェック!

気になる宿の口コミ記事も要チェックですよ~!
その宿に泊まった人の率直な感想を聞けるのはありがたいですね。
口コミには宿の情報だけでなく、近隣の娯楽情報や温泉施設のことなども書かれていたりするんです。

美味しいお店のメニューが写真付きで紹介されていることもあります!
宿からすぐの場所に楽しめるスポットがあれば、素泊まりの旅もバラエティーに富んだものになりそうですね☆

素泊まりプランのある宿は大手旅行サイトには載っていないところも多いので、口コミ情報や個人ブログなどをチェックすると良いですよ。
 

素泊まりプランと食事付きプランの両方がある宿は狙い目!

素泊まりプランと食事付きプランの両方を提供している宿は、お部屋がゆったりしていることが多いんです。
そんな宿に素泊まりプランで一泊、食事付きプランで一泊というように、両方の泊まり方をするのも賢い選択と言えます♪

こうした宿を探すときのキーワードは、「民宿」「ペンション」「ロッジ」「ゲストハウス」など。
最近では「道の駅」も侮れません・・・。

素泊まりする人ってどんな人?

ケイコからひとこと:こんな人は検討してもいいかも!?

では、どういう人がそんな旅をされるのでしょう?
私が出会った人の、いくつか例を挙げてみます!
 

親しい知人や親族が近くに住んでいる

知り合いが近くに住んでいる人は、その人達と食事をするので、宿の夕食はいりませんよね!
意外と多いのが地元出身の人です。

実家はもう無いけれど、知り合いとの再会が目的なので、宿で食事を用意してもらう必要がないのだとか。
朝食も近所のモーニングサービスで済ませてしまう人が多いみたいですよ^^
 

ご当地グルメを探すのを楽しみにしている人

雑誌やインターネットではグルメ情報が花盛り!
旅行の目的として、美味しいものを食べることをメインにしている人は少なくありません。
私もよく美味しいもの目当てで小旅行に行きますし笑

グルメ情報に詳しい人の中には、雑誌にも載っていないような隠れ家的なお店や、地元の人しか行かないようなお店に行きたがる人もいますね。
そういう人はどうしてもホテルでの食事は無しという希望になるようです。
 

早朝や深夜に動きたい人

バードウオッチング、釣り、写真撮影などが趣味の人は早朝の外出が多くて、一般的な観光客の食事時間ではタイミングが合わないことも多いみたいです。
この場合も、素泊まりの選択をする人がいます!
 

偏食がひどい人

偏食やアレルギーなどが原因で、旅館の料理が食べられないという人もいます。
好きなものが食べたい、安心して食べられるものを自分で選びたい、という人は素泊まりを好むようですね~。
 

素泊まりって節約になるの?

ケイコからひとこと:外食もホテルでの食事もどっちも楽しんでもらいたい~!!

「旅館で1泊2食付きだと、高くついてもったいない」という理由から、食事無しのプランにする人もいます。
でも、それって本当に節約になるんでしょうか???

ゲストハウスやペンションなどでは、夕食はバーベキューだったり、フランス料理だったりします。
それもかなり割安の場合が多いんです!
ビュッフェ形式だと、偏食の人も好きなものだけを選んで食べることができますよ☆

こういった夕食は贅沢感がありますが、「その割にリーズナブルだ」と若いグループやファミリー旅行に大好評!
量と質を考えると、外食をするよりも割安になる可能性は十分あります^^

素泊まりにするか食事付きにするかは、気になる宿のプランと比較してから決めると良いですよ。

旅館でお食事をしても、外で食事をしても、どちらも楽めるのが本当の旅だと思います。
ここには美しい自然と、温泉と、美味しい食べ物がたくさん揃っているので、ぜひいらしてくださいね~!